SPECIAL ORDER 独創の道

タグ:#ケーブル

13件(1〜10件を表示)

  • ノウハウ

    2022.07.25

    お問い合わせ番号:D017

    電極からアンプへ ”入力に少し工夫をプラス”

    電極から生体アンプへ入力する迄の距離(長さ)を検討されたことはございますでしょうか?通常以下の様な経路です。「電極 → 中継リード → 入力BOX → 生体アンプ」当製品(OA221-019)は経路を以下の様な形にします。「電極 → 中継リード → 生体アンプ」つまり電極から生体アンプまでの距離が大幅に短くなります。メリットとしては微弱な信号がアンプで増幅されるまでの経路で環境ノイズにさらされる事を極力低減するといった点です。他にはプリアンプを電極側に置く方法等もありますが、最もシンプルな方法になりコストもプリアンプに比べ少なく済みます。実験に合わせてリード長やコネクターを変更する事が可能ですので、生体アンプまでの距離やノイズが気になる場合には、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    脳波用中継リード
  • 電極類

    2022.07.11

    お問い合わせ番号:A067

    変換アダプタ

    お手持ちのケーブルを多chの計測機器へ接続したいとのご相談を頂きました。計測機器へ接続するコネクタの調査や配線確認をさせて頂きながら仕様書を作成し形にすることが出来ました。特に配線は計測データに関わるとても重要な部分の為、細心の注意を払い進めて参りました。お手持ちの電極・ケーブルと機器の接続、それに関わる配線の変換など、とてもお役に立てる製品であると存じます。お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    変換アダプター
  • 電極類

    2022.04.27

    お問い合わせ番号:A052

    中継リード付きシーベル

    フリームービング実験における生体信号計測や電気刺激等に使用できるシーベルです。アンプから計測対象までの距離に合わせたリード長、アンプ接続のコネクタ形状などをご指定頂くことも可能です。
    今回の製品はリード保護のために金属スプリングを被せました。また、回転軸が回りやすいようにステーを取り付けたりと細部までこだわって作成を致しました。どのような状況下でご使用なさるかによって、今まで培ったノウハウから最も適したご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたら、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    中継リード付きシーベル
  • 電極類

    2022.03.16

    お問い合わせ番号:A044

    変換アダプター

    電極と接続機器のコネクターが異なる際に役立つ変換アダプターのご案内です。写真のように多チャンネルのコネクターの変換も可能ですし、1ch分のコネクターの変換も可能です。コネクターとコネクターの間にリード線を使用することで延長ケーブルとしての効果もあります。ご希望のコネクターが入手出来、配線が分かれば作製可能ですので、現状お困りのことがございましたら、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    変換アダプター
  • 電極類

    2022.03.14

    お問い合わせ番号:A043

    シグナルショートリード(ジャンパーケーブル)

    1つの電位を2つに分岐するためのリード線のご紹介です。電位を受けるコネクタがDINチップの受けとなっており、あらゆる場面でご使用頂けると思います。(コネクタはご希望に変更可能です)例えば、アンプの入力箱が2つに分かれていてボディーアースを双方に入力したい。リファレンスの電極を双方に入力したい。etc…コネクタを変更することでお持ちの電極や装置に合わせることが可能ですので、お困りの際にはご相談頂ければと思います。シンプルではありますが、お役に立てる製品であると思っております。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    シグナルショートリード
  • 電極類

    2022.02.21

    お問い合わせ番号:A038

    スリップリング用中継リード

    スリップリング用の中継リードを作成しました。4ch分の信号線を10芯のシールド線で1本に纏めました。更に噛み切り防止用としてSUSスプリングを被せてリードを保護しております。通常、スリップリングを使用する場合、リード本数が多くなり、取り回しが難しかったり、重くなりがちで思うように動いてくれないなどの問題が出てくることがございます。弊社では、卓越したハンダ技術で芯線をしっかりと固定し、複数出ているリードを1本に纏める事で動きを出来るだけ制限しないリードを作成出来ます。コネクタタイプではない直接配線されているスリップリングでも可能な加工です。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    スリップリング用中継リード
  • 電極類

    2022.02.07

    お問い合わせ番号:A036

    128chの電極を32chベースのコネクタケーブルへ変換

    128chの電極(集中コネクター)を32chベースのアンプへ入力する為の変換ケーブルを製作しました。ヘッドアンプへの入力コネクタはオムニティクス社対応で、電極コネクタからのrefやGを各コネクタへ共通配線接続しています。ケーブル芯数は36配線としても、外径はφ2.4mmでシールド仕様となります。非常にフレキシブルで取り回しが良くなるよう設計しています。弊社では様々な電極やデバイスに対応したケーブルやアダプタの製作が可能です。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    32チャンネルコネクターケーブル
  • 電極類

    2022.01.24

    お問い合わせ番号:A034

    DIN-PIN変換ケーブル

    DINチップとPINチップの変換ケーブルです。DINチップの電極などをPINチップ入力の機器などへ接続する際に使用します。コネクタの変更が無く、ケーブルなので長さの変更も可能です。弊社では、様々な変換ケーブル、変換アダプタを作成させていただいております。以前より使用していた電極・プローブを新しく購入した機器に接続したいなどもご相談下さい。付け替えも可能です。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    DIN-PIN変換ケーブル
  • 電極類

    2022.01.17

    お問い合わせ番号:A033

    刺激導出中継リード

    刺激と導出の繋ぎ替えを行わなくてもそのまま使用する事ができます。同じ電極で刺激と導出を行う場合、その都度刺激装置と導出装置に繋ぎ替えるのが煩雑だと感じた事はございませんでしょうか。
    写真のようなケーブルを使用すれば、そのまま使用する事ができます。写真は一例ですが、電極のコネクタや装置のコネクタに合わせたリードの作成が可能です。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    刺激導出中継リード
  • 電極類

    2022.01.11

    お問い合わせ番号:A031

    色指定 マイクロフック中継リード

    マイクロフックを使用して中継リードを作成しました。小さなフックがスライドし挟んで固定する為、細い線径の固定に適しています。4極用のリードですが、同色にて対応しております。特注ならではの色指定で一目で確認が可能となります。ちょっとした事ですが、リードの取り回しのストレス軽減などが可能です。特注で煩わしさをなくしてみませんか。細かなご要望にも対応致します。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    色指定 マイクロフック中継リード