SPECIAL ORDER 独創の道

研究には既存の製品では補えない工夫やデバイスが必要不可欠です。

弊社ではアクリルをはじめ、樹脂加工品から電極やセンサー、アナログやデジタル技術などを駆使しワンオフ製作を行っています。(その多くは電極やセンサーなどの加工品です)小物から装置までを幅広く対応しておりますので、どうぞお気軽にお問合せください。
下記にその一部と技術情報を更新し、随時公開しています。

  • ノウハウ

    2021.10.13

    お問い合わせ番号:D014

    データ収録装置について

    UAS-308Sはアンプからのアナログ出力をAD変換し、コンピューターへ描画、データ保存、解析を行います。トレンド解析、周波数分析(FFT)、各種豊富な演算式や解析機能を搭載しています。

  • 電極類

    2021.10.10

    お問い合わせ番号:A008

    極小の神経電極

    弊社で、マウス迷走神経にも対応可能な「カフ電極」を作っています。
    神経に被せるように設置して、長期使用にも、Stim/Recどちらにも使用可能です。

    カフ電極拡大
  • 電極類

    2021.10.07

    お問い合わせ番号:A029

    培地用L字電極

    ご紹介するのは細胞培養の電極です。培養液内の細胞に電気刺激を行います。電極部分はφ0.5mmの白金線を使用し、電気分解の起きにくい仕様に製作しています。
    ディッシュの蓋部分に電極を施しているので、電極間距離を一定に保つことができます。
    こちらの製品はユーザー様よりイメージ図を頂戴し製作に至りました。
    「イメージはあるけれど具現化が難しい」「前の研究室で使用していた電極と似たものを作ってほしい」など、
    ざっくりでも構いませんのでご要望がありましたらお気軽にお問い合わせください。

    培地用L字電極
  • 電極類

    2021.10.07

    お問い合わせ番号:A011

    μ ECoG電極

    マーモセットやラット等でも多ch記録が可能なように超小型化しました。電極面は0.6mm、電極間距離は1.0mmの高密度脳表電極です。
    刺入型電極ではないため、侵襲性が少なく長期安定性に優れています。
    電極材はプラチナとシリコンで生体適合性も良く、LFPなどの記録、及び電気刺激も長期的に可能な留置電極です。

    マイクロECoG電極
  • 電極類

    2021.10.07

    お問い合わせ番号:A025

    リユース可能なシングルカニューレ

    薬液投与や採取などに使用する樹脂製カニューレでは、ガイドカニューレ本体を歯科用セメント等で固定する事から、再利用は難しいと思います。
    これはカニューレの材質にステンレスを使用しており、セメントでの固定化を行っても再利用が可能です。
    カニューレ本体、ガイドカニューレ、ダミー共にステンレス製で耐熱、耐薬性があります。
    また、ワンオフでの製作であることからそれぞれのパーツ毎での数量指定も可能です。
    その他、2連のダブル、3連のカニューレもあり、お気軽にお問い合わせください。

    シングルカニューレ
  • 機器類

    2021.10.05

    お問い合わせ番号:B001

    自由行動下(フリームービング)で実験動物に 長時間の持続刺激を行う刺激装置

    有線方式の持続刺激では、ケーブルの断線や引っ張りによる電極の外れが懸念されます。そこで実験動物に軽量アルミに内蔵されたバッテリー、制御基板、通信基盤を固定し持続刺激を行えるよう開発しました。
    刺激の設定もBluetoothで電流値、周波数、周期など、パソコンからの通信でリアルタイムに変更が可能です。現在の仕様では最大2週間の皮下刺激が可能です。
    これら基板、アプリ開発を一括で行いますので低価格且つ要求仕様に忠実な装置を製作します。

    小型定電流刺激装置
  • 電極類

    2021.10.05

    お問い合わせ番号:A002

    カニューレ付微小電極

    細胞外記録で用いられる金属微小電極と薬液注入用のカニューレが一体となった電極です。薬液を注入後、そのまま神経細胞の発火を見ることが出来ます。写真の微小電極先端とカニューレ先端とは約0.6㎜の極間があります。

    カニューレ付き微小電極先端部
  • 加工品

    2021.09.30

    お問い合わせ番号:C001

    ペアケージ

    2匹のマウスを同時に飼育し、相手に与えるストレス等の影響を見るためのアクリルケージです。行動や匂いの影響を与えるため、仕切り板は透明で空気穴を多く設けています。

    ペアケージ
  • ノウハウ

    2021.09.27

    お問い合わせ番号:D008

    血管オクルーダ VO-4

    実験対象の血管の他、神経の狭窄・圧迫による電気伝導速度の変化やストレス応答の実験にも使用できます。

    血管オクルーダ 解放時電極先端
  • 電極類

    2021.09.24

    お問い合わせ番号:A001

    マニピュレーター付き微小電極と銀ボール電極

    金属微小電極で細胞外記録を行いつつ、脳表に設置した銀ボール電極からLFPを同時計測することが可能な電極です。
    金属微小電極はマニピュレーター式になっており、留置後も3mm程度の上下動が可能です。

    マニピュレーター付き微小電極と銀ボール電極