PRODUCTS

データ収録 – セレバス&セレプレックスダイレクト

セレバス-マルチチャンネル神経生理学システム

データ収録 – セレバス&セレプレックスダイレクト

セレバスシステムは、マルチチャンネルでスパイク、LEP等をパワフルに記録・解析を行う神経生理実験のトータルシステムです。
高い処理能力を持つニューラルシグナルプロセッサー(NSP)は、Windows OSに依存せずにリアルタイム処理を行います。神経活動の記録だけではなく、豊富なデジタル/アナログIOにおいて複雑なイベントタスク制御を可能にしています。DC駆動型フロントエンドアンプと光ファイバー接続の組み合わせにより、極めて少ないノイズ下での記録ができます。

特徴

  • リアルタイムシステム
  • 8, 16, 32, 64, 96, 128, 256, 512ch
  • 各チャンネルごとにデジタルフィルタリング
  • 各電極からのスパイクとフィールドポテンシャルの同時連続記録
  • アナログ/デジタル入出力
  • オーディオ出力
  • NeuroExplorer, Spike2, Matlab, C/C++ オン/オフライン
  • SDK: MATLAB, C++SDK
  • 行動、刺激、ビデオシステムと同期

ニューラルシグナルプロセッサー Neural Signal Processor

128/256電極、16chアナログ入力、16ch TTL デジタル入力信号をリアルタイムで処理します。

仕様

デジタル信号処理ノイズキャンセレーション機能
4次ハイ/ローパスデジタルフィルタリング
全チャンネルでスパイクとフィールドポテンシャルを同時処理
フロントエンド入力デジタル光ファイバーポート
アナログ入力16ビット入力 16ch ±5.0V
アナログ出力16ビット入力 4ch ±5.0V(BNC)
2ラインレベル音声出力
デジタル入力16ビット(16ch TTLまたはStrobed Word)
デジタル出力1ビットデジタル出力 4ch(BNC)
同時TTL出力(BNC)
シリアル I/ORS232ポート、115kbps
PCインターフェースRS232ポート、115kbps
外寸88(H)x325(W)x425(L)/ mm
重量6.8Kg

フロントエンドアンプ Front-end Amplifier

フロントエンドアンプ Front-end Amplifier

信号の増幅、フィルタリング、デジタル化、マルチプレックス化し光信号出力を行います。

仕様

入力チャンネル数32~128ch
AC入力範囲-8.1mV から 8.1mV
AD変換16ビット(0.25µV/bit)
同相信号除去入力範囲±.3.0V 入力アース間
同相信号除去>90dB(50/60Hz)
ハイパスフィルター1次 0.3Hz (フル帯域幅モード)
ローパスフィルター3次 7.5kHzバタワース
入力換算ノイズ<3.0µVms(14 µVp-p)
入力インピーダンス>1012Ω‖ 3pF
チャンネル間クロストーク<1LSB 全構成において
最大入力電圧±5.0V 入力アース間
ヘッドステージ供給電圧1.5V 最大150mA
信号出力光ファイバーポート
外寸110(H)x42(W)x186(L) /mm
重量600g

多機能&高性能な付属のGUIソフトウェア Central

セレバス、には、信号収集、記録のためのソフトウェアが付属されています。デジタルフィルタリングや3Dスパイクソーティング、データ転送・保存に至る様々な工程をオンラインで同時に行えます。高性能、多機能でありながら、非常に使い勝手よくデザインされたレイアウトに定評があります。

  • シングルチャンネル活動電位
    シングルチャンネル活動電位
  • 2chデジタルオシロスコープ
    2chデジタルオシロスコープ
  • マルチチャンネル表示
    マルチチャンネル表示
  • フィールドポテンシャル
    フィールドポテンシャル
  • テトロード
    テトロード

PC環境

OS:Windows®7 /Windows®10
CPU: ≥ 4 physical cores at 2GHz
RAM:4 GB
ハードドライブ容量:4GB
ディスプレイ:Video card with full OpenGL compatibility

セレプレックスダイレクト-デジタル神経生理学システム CerePlex

セレプレックスダイレクト-デジタル神経生理学システム CerePlex

セレプレックスダイレクトは、低ノイズ信号記録が可能なデジタルヘッドステージを利用した信号収集システムです。信号入力は最大512chで、最大30kHz サンプリングを行う高性能デバイスであるにも関わらず、汎用PCとのUSB接続が可能で、安価・省スペースで多チャンネル信号計測を実現します。

特徴

  • 16~512ch
  • 3x HDMIデジタルインプット
  • オーディオ出力
  • NeuroExplorer, Spike2, Matlab, C/C++ オン/オフライン
  • SDK: MATLAB, C++SDK
  • 行動、刺激、ビデオシステムと同期

仕様

チャンネル数16~512ch
サンプリングレート30,000 サンプル/秒
ヘッドステージ電源±3.0V 出力
アナログ入力サンプリングレート30,000 サンプル/秒
アナログ→デジタル変換16Bit 0.25µV
入力インピーダンス>1012Ω‖ 3pF
同相信号除去比>90dB
最大入力電圧範囲±5.0V 入力と接地間
デジタル入力16デジタル入力 0-5V TTL 論理レベルにおいて

海外取扱い製品

神経生理学
循環器学