PRODUCTS

シングルワイヤーミオグラフシステム 320A

シングルワイヤーミオグラフシステム 320A

シングルチャンバーで、30µmから3mm系の血管の収縮力を測定

特徴

  • 手動のマイクロポジッショナーで、正確な張力調整ができる
  • 微小電極を簡単に取り付けることができ、膜電位測定も可能
  • フォース測定と血管壁蛍光測定を同時に行うための、イメージングシステムへの統合が簡単にできる

シングルワイヤーミオグラフシステム 320Aは、直径30µmから3mmの単一血管(脈管)を研究するのに理想的です。
輪切状にした血管に2本のステンレスワイヤーを並行に通し、そのワイヤーを両サイドのサポート(ジョー/ピン)に固定します。1つのサポート(固定具)はマイクロメーターに取り付けられており、血管の周囲長と伸びを手動で制御できます。もう一方のサポートは力/張力の発生を測定するためにフォーストランスデューサーに取り付けられています。
組織切片全体は37℃に温められた生理食塩水の中に置かれ、酸素供給を受け、平均12時間間生きた状態で実験できます。
チャンバーの底面には、顕微鏡での形態観察や蛍光測定を可能にするガラス窓があります。

仕様

チャンバー
血管サイズ>30µm
チャンバー数1
チャンバー容積(最小)4.2ml
ノーマライゼーション機能手動
マイクロメーター分解能0.01mm
マウント方法(取付器具)ジョー
温度管理
温度範囲15-50℃
温度分解0.1℃
ヒーティング機能あり
トランスデューサー
トランスデューサー出力単位mN
トランスデューサーレンジ±200mN
トランスデューサー分解能0.01mN
フォースキャリブレーションあり
出力 
アナログ出力チャンネル4
アナログ出力出力レンジ±2.5V

海外取扱い製品

神経生理学
循環器学