PRODUCTS

刺激装置 – セレスティム96

刺激装置 – セレスティム96

最大16の同時刺激を生成。完全にプログラム可能な96チャンネルの神経刺激装置です。
二相電流パルスが電極を介してニューロンを刺激します。

特徴

  • 96ch出力
  • 最大16同時刺激
  • 1μA〜215μAまたは100μA〜10 mA±9.5V/ch
  • TTLトリガと同期機能
  • 電極間の高速切り替え
  • 低インピーダンス/高インピーダンスの電極モード

セレスティム96は、最大16の同時刺激を発生させることができる、96チャンネルの神経刺激装置です。 二相性電流パルスが、埋め込まれた電極を介してニューロンを刺激します。Stim Manager ソフトウェアと、Matlab SDKとC ++ SDKの両方が付属されており、 Stim Managerは、手動とプログラムの2つのモードで動作します。
手順としては、電極アレイパネルで電極を選択し、波形パネルで 極性、パルス数、位相間遅延、振幅、位相幅および周波数を含む個々の位相を定義して単一刺激パラメータを指定、カスタム刺激を作成します。プログラムモードでは、複数の刺激を異なる電極に送信したり、カスタム刺激パターンを作成したり、チャンネルをインターリーブしたりできます。

仕様

出力チャンネル数96ch
最大同時刺激16
最大電流100μA – 10mA ( 100μA増加)
最小電流1 – 215μA (1 μA増加)
最大出力電圧± 4.7V to ± 9.5V(0.6V調整)
フェーズ幅44μs – 65,535μs
インターフェーズ幅53μs – 65,535μs
刺激周波数4Hz – 5kHz
推奨電極インピーダンスμ<100kΩ
マクロ<1kΩ
トレインパルスレンジ1~255
分極バイフェージック
APLMATLABまたはC++ x86, x64 Ver.
スクリプト刺激プロトコル、バーフェージック波形、トリガー

海外取扱い製品

神経生理学
循環器学