PRODUCTS

生体振動検出装置 OMNAPP

ピエゾセンサーを用いた生体振動の計測装置

生体振動検出装置・オムナップ EOM-200

生体振動検出装置・オムナップ EOM-200

脈圧、筋肉の収縮、眼球運動などの検出に

小型ピエゾセンサーを用いて生体における様々な振動反応を計測できます。計測装置本体は感度調整、フィルター調整が可能です。又、閾値を設定する事で音による反応検出もできリアルタイムで計測者へ状況のフィードバックが可能です。

本装置は、身体各部位で生体表面に現れる振動現象を、ピエゾセンサーを用いて、生体微振動を電位信号に変換して表示する装置です。
生体振動現象としては、脈圧、筋肉の収縮、眼球運動などの検出に使用できます。
直接的な生体との電気的接触部がなく、非侵襲的で安全な装置です。

  • 入力側
    入力側
  • 振動センサー
    振動センサー

仕様

導出トランスデューサー振動センサー 2個
入力感度(GAIN)1000倍、2000倍、5000倍、10000倍
HCF30Hz、100Hz
LCF0.1Hz、1Hz
閾値設定
ACフィルターなし/50㎐/60㎐ 切替
閾値検出ブザー音量4段階、OFF
STARTスイッチあり
STOPスイッチあり
アナログ出力BNC x 2
入力接続箱あり
寸法H100 x W260 x D180mm(突出部除く)
重量2.0kg
定格AC100V ±10% 50/60Hz
消費電力20VA
安全性クラスⅠ機器BF形(JIS-T0601-1 による)

※ 本装置は学校法人久留米大学医学部脳神経外科教室のご指導で開発を行いました。

研究機器

生体信号アンプ
刺激装置
生体振動検出装置
生体情報モニター・ポリグラフシステム
データ収録装置
心機能測定・心電図解析
体温コントロール
生体温度計
発生学
特注製品例