PRODUCTS

ワイヤレス定電流刺激装置 (Invilog Research社製)

ワイヤレス定電流刺激装置

ワイヤレス定電流刺激装置(1.6g)は、マウスやラットの頭頚部等に固定をして、脳や神経、筋肉を自由行動下で慢性的に電気刺激を行えます。
赤外光送信機を外部刺激装置(パルスジェネレーター等)で制御することにより、光学的にアイソレーションされた定電流刺激パルスを完全ワイヤレスにコントロールします。

[接続型]デンタルセメントで固定された電極コネクターに接続する

ワイヤレス定電流刺激装置-接続型

  • 脳刺激: 10µA-5mA
  • 末梢神経: 1-2mA
  • 刺激電流値:v1.1は固定 / v1.2は可変
  • パルス幅:0.25 - 50ms
  • 周波数:1 - 500Hz ※外部刺激装置で設定
  • 連続役40時間の刺激が可能

[埋込型]皮下に埋め込み使用する

ワイヤレス定電流刺激装置-埋込型

  • 刺激電流値: 10µA-5mA(固定)
  • パルス幅:0.1 - 50ms
  • 周波数:1 - 500Hz ※外部刺激装置で設定
  • 電池寿命:最大300時間

仕様

型式接続型 v1.1  INV-STIM-1.1
接続型 v1.2  INV-STIM-1.2
埋込型    INV-STIM-IMP
サイズ接続型 v1.1  13 x 14 3 mm / 1.6g
接続型 v1.2  13 x 14 3 mm / 1.7g
埋込型      φ13 x 3 mm / 1.4g
刺激電流値接続型 v1.1  固定
接続型 v1.2  調整可能
埋込型    固定
通信距離接続型 v1.1  ~4m
接続型 v1.2  ~4m
埋込型 ~40cm
電気刺激の設定範囲
 ※外部刺激装置による
デュレーション: 0.3 - 20 (30ms)
周波数: 0 - 500 Hz

●電極と外部刺激装置  - ユニークメディカル製

実験に合わせて様々な電極の制作を承ります。また外部刺激装置もあります。

研究機器

生体信号アンプ
刺激装置
データ収録装置
生体情報モニター
VR・映像制作
心機能・心電図解析
生体温度計・体温保持
生理学・学生実習