SPECIAL ORDER 独創の道

研究には既存の製品では補えない工夫やデバイスが必要不可欠です。

弊社ではアクリルをはじめ、樹脂加工品から電極やセンサー、アナログやデジタル技術などを駆使しワンオフ製作を行っています。(その多くは電極やセンサーなどの加工品です)小物から装置までを幅広く対応しておりますので、どうぞお気軽にお問合せください。
下記にその一部と技術情報を更新し、随時公開しています。

  • 電極類

    2022.08.08

    お問い合わせ番号:A070

    先端スラッシュ形状の同心円電極

    先端形状 スラッシュ状のマイクロ同心円電極。弊社では、マイクロ同心円電極を製作しております。今回は、先端形状をスラッシュ状の物を希望という事でした。細かいエリアなどには、向いている形状だと思います。電極の材料は、ステンレスと白金イリジウム、刺激向きの形です。ご希望のサイズ・用途に合わせて形にすることが出来ますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    同心円電極先端
  • 電極類

    2022.08.01

    お問い合わせ番号:A069

    神経を挟み込む様な電極(スライド電極)

    神経を挟み込むスライド電極。双極電極を利用する際に、電極が動いて極間が変わったり、いつの間にか対象から離れてしまっている事はございませんか?スライド電極を利用すれば、神経を挟み込む形で、安定した状態にする事が可能です。電極部の材質は白金(Pt)を使用しており、神経刺激、記録どちらとも利用可能です。様々な形状、大きさで製作する事ができますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    スライド電極
  • ノウハウ

    2022.07.25

    お問い合わせ番号:D017

    電極からアンプへ ”入力に少し工夫をプラス”

    電極から生体アンプへ入力する迄の距離(長さ)を検討されたことはございますでしょうか?通常以下の様な経路です。「電極 → 中継リード → 入力BOX → 生体アンプ」当製品(OA221-019)は経路を以下の様な形にします。「電極 → 中継リード → 生体アンプ」つまり電極から生体アンプまでの距離が大幅に短くなります。メリットとしては微弱な信号がアンプで増幅されるまでの経路で環境ノイズにさらされる事を極力低減するといった点です。他にはプリアンプを電極側に置く方法等もありますが、最もシンプルな方法になりコストもプリアンプに比べ少なく済みます。実験に合わせてリード長やコネクターを変更する事が可能ですので、生体アンプまでの距離やノイズが気になる場合には、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    脳波用中継リード
  • 電極類

    2022.07.19

    お問い合わせ番号:A068

    蝸電図電極(鼓膜内誘導法)

    蝸電図の計測(鼓膜内誘導法)に用いる電極を作製致しました。先端の電極部は非常に細いため、直線性を保つためにも先端近傍まで補強パイプを被せています。また、パイプの一部にチューブを被覆し、マニピュレーターの保持をし易くしています。先端の露出部以外は絶縁コーティングを行っているため、ピンポイントでの電位計測が可能です。どのような対象へアプローチするか、どのような視野を確保されたいかなど、経験に基づいたご提案をさせて頂きます。お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    蝸電図電極
  • 電極類

    2022.07.15

    お問い合わせ番号:A085

    多極カフ電極2(NEURO2022 出展品)

    6月30日(木)~7月3日(日)に沖縄で開催されました、「NEURO2022」へ写真の多極カフ電極始め、脳波ドライ電極システムや生体信号アンプ、SRRメーターやマルチスパイクソーティングシステム等、電極から解析までをテーマに企業展示を行いました。会期中の暑かったりスコールが降ったりする中、たくさんの方に当社展示ブースまで足を運んで頂き、誠にありがとうございました。

    カフ電極
  • 電極類

    2022.07.11

    お問い合わせ番号:A067

    変換アダプタ

    お手持ちのケーブルを多chの計測機器へ接続したいとのご相談を頂きました。計測機器へ接続するコネクタの調査や配線確認をさせて頂きながら仕様書を作成し形にすることが出来ました。特に配線は計測データに関わるとても重要な部分の為、細心の注意を払い進めて参りました。お手持ちの電極・ケーブルと機器の接続、それに関わる配線の変換など、とてもお役に立てる製品であると存じます。お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    変換アダプター
  • 加工品

    2022.07.04

    お問い合わせ番号:C007

    アクリル固定台

    小動物を対象とした超音波エコーを行う際に、計測しやすくするための台座の製作依頼がございました。材質はアクリルを使用していますので、とても軽量でお手入れも簡単です。
    上部にはゴムバンドを設置しており、対象動物を固定しやすくなっています。また、エコープローブを持つ手を痛めないようアームレストも付属しています。このようなご実験のサポート製品もお作りしておりますので、ご実験の中で少しでも気になることや「ここがこうなればいいな」という点がありましたら、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    アクリル固定台
  • 電極類

    2022.06.27

    お問い合わせ番号:A066

    脳波記録電極

    脳波の記録を行うことを目的に作製した電極となります。視野が狭いことから細い電極を使用しております。また、電極は細くしなやかにしておりますので、少し曲げて固定等も行いやすくしております。
    実験内容に合わせ、経験に基づいた電極形状のご提案をさせて頂きます。お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    脳波記録電極
  • 加工品

    2022.06.22

    お問い合わせ番号:C005

    筋繊維バブリングキット

    筋繊維を、プラスチックチューブ内でバブリングする為のキットです。使用方法は、プラスチックチューブに被せるだけなので、とっても簡単です。プラスチックチューブを取り替えれば、毎回清潔で便利です。お使いのプラスチックチューブのサイズに合わせて、製作する事が可能です。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    筋繊維等バブリングキット
  • 電極類

    2022.06.20

    お問い合わせ番号:A065

    マイクロECoG電極

    小さい対象でも使用できるECoG電極を作製致しました。電極間は1mmとしており、最小サイズにて4電極を配置しております。リファレンス・ボディアースとしてビス電極を使用しております。ご希望のサイズ・用途に合わせて形にすることが出来ますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    マイクロEcog電極
  • 電極類

    2022.06.15

    お問い合わせ番号:A064

    刺激範囲を選択可能な皿電極

    この電極は中心が-極、同心円状の3層が+極となっています。皮膚表面から電気刺激をする場合、+極・-極の2点を接地しますが、+極を任意の1層に選択することで、刺激範囲を局所~広域と選択することが可能です。刺激応答の有無による刺激範囲の変更や、刺激範囲ごとの応答を定量化するなど、用途に応じた刺激が行えます。また皮膚表面に張り付けて持続的に刺激するため、リード線は邪魔にならないように電極側面から出しています。弊社ではご要望に沿えるような電極をオーダーメイドで対応しております。お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    皮膚表面刺激電極
  • ノウハウ

    2022.06.13

    お問い合わせ番号:D015

    Blackrock アーチファクトリジェクション

    Blackrock社のデーター収集ソフト『Central』の便利な機能のご紹介です。外的要因のアーチファクトは、同時刻のタイムスタンプでユニットとして認識されてしまいます。Centralでは、複数の同時刻ディテクトがあった場合に、それらをアーチファクトとしてリジェクトするという機能があります。チャンネル数は、任意の設定が可能です。アーチファクトにお困りでしたら、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

  • 電極類

    2022.06.08

    お問い合わせ番号:A063

    多極のカフ電極

    電極数を12個配置したカフ電極。通常のカフ電極は電極数を2個とすることが多いのですが、今回はご要望を頂き電極数を12個配置した製品のご紹介です。サイズとしても極めて小さいサイズで電極間距離も可能な限り狭めております。記録や刺激等、様々な用途にご使用頂けると存じます。電極の配置の方法やリード線の取り回し等々、難しい点も多くございましたが、あらゆる検討を行った結果、作製することも出来、製作技術を高めることも出来ました。弊社ではご要望に沿えるような仕様の電極を、作製させて頂きますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

  • 電極類

    2022.06.06

    お問い合わせ番号:A062

    脊髄刺激・迷走神経刺激電極

    慢性埋め込み用の刺激電極をご紹介いたします。当電極は、モデル動物の脊髄や迷走神経の刺激電極として作成をいたしました。球電極は組織へ優しくフィットし、対極のビス電極は骨にしっかりと固定できるので長期埋め込み実験に適した形状となっています。刺激装置側へのコネクタは、お持ちの装置にあわせて対応可能です。また有線接続の場合、中継リードの捻じれが起こりますが、捻じれ対策として「コミューテーター」「スリップリング」も取り揃えております。お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    脊髄刺激・迷走神経刺激用電極
  • 電極類

    2022.06.01

    お問い合わせ番号:A061

    筋電図用ペア皿電極

    皿電極を局所筋電図計測用に極間を固定した製品。筋電図測定の際に皿電極はご使用になりますでしょうか。評価の際の重要な点の一つとして、極間を一定にすることが挙げられるかと思います。
    今回ご紹介をさせていただきますのが、皿電極を局所筋電図計測用に極間を固定した製品となります。ペーストによるリークが起こりにくくするよう、アクリルリングにて調整をしております。弊社ではご要望に沿えるような仕様の電極を、ユニークな発想にてご提案をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    筋電図用ペア皿電極
  • 電極類

    2022.05.30

    お問い合わせ番号:A060

    坐骨神経刺激に

    ラットの坐骨神経刺激に使用します。特徴としては、極間を保つ為に接着剤を使用して保持しています。通常で有れば3Dプリンターを用いて保持具を製作するのですが、ラット坐骨神経の深層に電極を滑り込ませて使用する性質上、手作業で薄い接着剤の橋を作っています。また、フックの内側部のみ露出されている為、神経に安定した刺激を可能としています。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    双極鉤電極
  • 電極類

    2022.05.25

    お問い合わせ番号:A059

    眼鏡取付型、高輝度光射装置

    光を照射するLEDパッドです。色味が生体に与える影響を調べるために作成しました。映像を被験者に見せながら照射できるよう、瞳孔の周りにLEDチップを配置しています。赤・緑・青の光の3色原色で作成しましたが、ご指定の輝度や波長、ジェネレータに合せたコネクタで作成する事も可能です。影響を脳波や精神性発汗などで測定する機器も扱っておりますので、ご研究をトータルでご提案いたします。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    LEDパッド
  • 電極類

    2022.05.23

    お問い合わせ番号:A057

    ECoG電極

    霊長類にて慢性脳皮質電位計測用の電極です。リファレンス電極とグラウンド電極が計測電極とは逆面に組み込み済みであり、このシートを留置するだけで硬膜側から各電位を取り込むことができます。
    手技を簡易化でき安定した計測が可能となります。当社では、実験研究用ECoG電極を特注にて作製できます。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    ECoG電極(30極)
  • 電極類

    2022.05.18

    お問い合わせ番号:A056

    カーボン刺激電極

    カーボンペーパーPEDOT電極を使用した刺激電極のご紹介です。お客様がお持ちのチャンバーに対して固定が出来るよう設計した電極となります。電極は先端のみを露出しており、その他の部分は絶縁しております。今回の電極では直線上の電極のため、カーボンペーパーを使用しております。ご希望の形状によって材質や使用する材料を検討させて頂きますので、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    カーボン刺激電極
  • 電極類

    2022.05.16

    お問い合わせ番号:A055

    慢性埋込型ビス電極

    慢性埋込用の電極を作成いたしました。筋電図用のワイヤー電極と脳波用のビス電極をコネクタに接続した形状です。コネクタのピッチが狭いとハンダ付けが難しくショートしてしまったり、ビス電極を付けようとするとネジ山や穴などを潰してしまったりと、作業に慣れないと時間と労力を要してしまいます。時間が無い、自作が上手くいかないなどでお困りであれば、ぜひ弊社にお任せください。取付位置に合わせてリード長やテンションなども一緒に考えさせていただき、後は付けるだけという状態でお渡しさせて頂きます。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    埋込型ビス電極
  • 電極類

    2022.05.11

    お問い合わせ番号:A054

    特注 機器接続用ケーブル

    お手持ちの機器同士を接続するため特注ケーブルの作成ご依頼いただきました。市販の接続ケーブルでは端子が合わない機器同士でも、取り回しや断線リスク等考慮し部材を選定致します。お客様のご要望に沿ったケーブル作成にも多数実績がございますので、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    特注 機器専用ケーブル
  • 電極類

    2022.05.09

    お問い合わせ番号:A053

    三叉神経刺激電極

    三叉神経を刺激するのに便利な電極です。対象部に当てやすくするよう、薄さや電極部のサイズ感を調整しております。持ち手部分をつまむと、先端が開いて挟めるように設計しております。ご要望に沿えるような特注製品のご提案をさせていただきますので、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    三叉神経刺激電極
  • 電極類

    2022.04.27

    お問い合わせ番号:A052

    中継リード付きシーベル

    フリームービング実験における生体信号計測や電気刺激等に使用できるシーベルです。アンプから計測対象までの距離に合わせたリード長、アンプ接続のコネクタ形状などをご指定頂くことも可能です。
    今回の製品はリード保護のために金属スプリングを被せました。また、回転軸が回りやすいようにステーを取り付けたりと細部までこだわって作成を致しました。どのような状況下でご使用なさるかによって、今まで培ったノウハウから最も適したご提案をさせていただきます。お困りのことがございましたら、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    中継リード付きシーベル
  • 電極類

    2022.04.25

    お問い合わせ番号:A051

    釣針型アース電極

    心筋などの拍動する部位の電位を測定されたい時に便利な、釣針型の電極を紹介します。電極部分は返しが無い釣針形状になっているため、引っかけやすくまた外しやすいので、電位を確認しながら電極の脱着が出来て便利です。電極から15cmまで直径0.25mmの細いステンレススチール線を使用しているため、拍動による動きに追従する事が出来、安定した電位測定が可能です。また引っかけて設置する構造のため、ボディーアースなどの電極として簡便に設置できます。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    釣針型アース電極先端
  • 機器類

    2022.04.20

    お問い合わせ番号:B011

    デジタルヘッドステージ

    CerePlex μは小型化最軽量。わずか1gで32ch対応しており小動物のヘッドステージに最適な製品です。デジタル変換チップの発展に伴い、神経生理学分野もデジタル化が進んでいます。デジタルヘッドステージというのも定着してきています。Blackrock社のデジタルヘッドステージは、多種多様なラインナップをご用意しております。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    超軽量デジタルヘッドステージ
  • 加工品

    2022.04.18

    お問い合わせ番号:C006

    無反射アクリルを用いた小動物用ケージ

    ストレス実験などでケージを用いた際に動物自体が反射してストレスを抱えるのを防ぎます。また、撮影時の反射を軽減するため、安定した撮影が可能となります。このようなケージを作成する際には、ある程度の厚みが必要ですが、厚みが増すとその分、重くなってしまいます。今回は、清掃などがし易いようにバラして簡単に組み上げる事が出来る構造を考えました。弊社は、出来上がりだけでなく、使い易さも考えてのご提案をさせていただきます。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    無反射アクリルケージ
  • 電極類

    2022.04.13

    お問い合わせ番号:A049

    送液チューブ付き金属微小電極

    金属微小電極の傍に「送液用のチューブを取り付けたい」というご希望を叶えました。この様にご要望に沿った製作が可能ですので、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    金属微小電極
  • 機器類

    2022.04.11

    お問い合わせ番号:B010

    20chプリアンプ

    様々な形状の電極をアクティブ電極として使用できるよう、互換性のあるプリアンプを作成したいとご依頼いただき20chプリアンプを作成致しました。35mm×35mm(コネクタ除く)と小型化しております。小型化する事で電極の直近にヘッドアンプを設置でき、S/N比を向上できます。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    20chプリアンプ
  • 電極類

    2022.04.06

    お問い合わせ番号:A047

    エルジロイ微小電極

    「エルジロイ」を用いた金属微小電極です。「エルジロイ」と言えば、歯科材料のイメージがあるかと存じます。下記の指定を受けて、仕様図面をおこして作成をいたしました。・材料の線材・線材の径・電極先端の抵抗・電極長・電極の端末コネクター規格以外でも対応をいたしますので、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    エルジロイ微小電極先端
  • 電極類

    2022.04.04

    お問い合わせ番号:A050

    多点深部電極(16極)

    8ch仕様の多点深部電極(Φ0.3)を2本貼り合わせた電極となります。深部方向に8極貼り合わせることで、2列での合計8×2の16電位の計測が可能となります。貼り合わせているため2列の電極間も固定できることから再現性が高いデータの取得が可能と考えられます。最大で16極×2列の32chの信号計測も可能となります。端末コネクタはご希望のコネクタでの作製も可能ですので、お持ちの装置に合わせて検討させて頂けます。お困りのことがございましたら、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    マウス用多点深部電極先端
  • 電極類

    2022.03.30

    お問い合わせ番号:A048

    MAP電極 (単相性活動電位)

    MAP(単相性活動電位)の測定用に作成を致しました。薄いシリコンシートを使用し、表面張力の効果で組織へ貼付しやすい仕様の電極です。電極は銀線を球状にしておりますので、組織へ貼付した際に電極面がしっかりと対象組織へ設置できることがメリットです。良く動く組織等に問題なくご使用いただけます。また信号の記録・刺激のどちらにも最適です。電極部の形状変更や電極間の変更等も可能ですので、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    MAP電極電極部
  • 機器類

    2022.03.28

    お問い合わせ番号:B001

    自由行動下(フリームービング)で実験動物に 長時間の持続刺激を行う刺激装置 (追記:論文に掲載されました)

    有線方式の持続刺激では、ケーブルの断線や引っ張りによる電極の外れが懸念されます。そこで実験動物に軽量アルミに内蔵されたバッテリー、制御基板、通信基盤を固定し持続刺激を行えるよう開発しました。刺激の設定もBluetoothで電流値、周波数、周期など、パソコンからの通信でリアルタイムに変更が可能です。現在の仕様では最大2週間の皮下刺激が可能です。
    これら基板、アプリ開発を一括で行いますので低価格且つ要求仕様に忠実な装置を製作します。追記 論文に掲載されました

    小型定電流刺激装置
  • 電極類

    2022.03.24

    お問い合わせ番号:A046

    白金球電極

    電極の素線がφ0.1mmで先端の電極をφ1.0mmに作製した白金球電極です。慢性的に生体信号計測を目的としており、目的部位のサイズに合わせて作製致しました。電極素線が細いこともあり、コーティングが剥がれにくいようにお客様のご要望で絶縁コーティングを通常より多くコーティングしているものとなります。電極のサイズやコーティングの種類やコーティングの方法等でご相談がございましたら、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    白金球電極先端
  • 電極類

    2022.03.22

    お問い合わせ番号:A045

    超薄肉のシリコンシート電極

    薄いシリコンシートを貼り合わせて作製したシート電極となり、電極部は白金箔を用いております。用途としてはカバーガラスなどに貼り付けて、電気刺激を加えつつ光学観察を行っておりました。上記のように電気刺激やシートが薄いため光学観察も行え、生体信号計測等にもご使用頂けるかと思っております。あらゆる場面で電極はご使用頂けると思いますので、ご使用に際して何かイメージがございましたらお気軽にご相談ください。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    シート電極
  • 電極類

    2022.03.16

    お問い合わせ番号:A044

    変換アダプター

    電極と接続機器のコネクターが異なる際に役立つ変換アダプターのご案内です。写真のように多チャンネルのコネクターの変換も可能ですし、1ch分のコネクターの変換も可能です。コネクターとコネクターの間にリード線を使用することで延長ケーブルとしての効果もあります。ご希望のコネクターが入手出来、配線が分かれば作製可能ですので、現状お困りのことがございましたら、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    変換アダプター
  • 電極類

    2022.03.14

    お問い合わせ番号:A043

    シグナルショートリード(ジャンパーケーブル)

    1つの電位を2つに分岐するためのリード線のご紹介です。電位を受けるコネクタがDINチップの受けとなっており、あらゆる場面でご使用頂けると思います。(コネクタはご希望に変更可能です)例えば、アンプの入力箱が2つに分かれていてボディーアースを双方に入力したい。リファレンスの電極を双方に入力したい。etc…コネクタを変更することでお持ちの電極や装置に合わせることが可能ですので、お困りの際にはご相談頂ければと思います。シンプルではありますが、お役に立てる製品であると思っております。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    シグナルショートリード
  • 電極類

    2022.03.09

    お問い合わせ番号:A042

    非磁性仕様の白金球電極

    白金線を加工して先端部分を球にした電極です。球の部分のサイズがφ0.7となっており、視野が狭い部分での計測や、固定箇所が広く取ることが難しい際にご使用頂けるかと思います。本電極では電極~コネクタまでのリード線をカーボンリード線を使用しており、白金線との接続はカシメているのでコネクタ部分以外は非磁性体となっております。そのため、あらゆる用途でのご使用も頂けるかと思います。
    どのような状況下でご使用なさるかによってもあらゆるノウハウを持ってご提案できますので、お困りのことがございましたら是非ご相談頂ければと存じます。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    白金球電極
  • 電極類

    2022.03.07

    お問い合わせ番号:A041

    脳波記録電極

    2本の絶縁された電極を捩って作製した電極です。捩った後に絶縁コーティング(ポリウレタンコーティング)が剥がれにくいようにさらに別のコーティング(エポキシコーティング)を行っている電極で、電極自体はシンプルながら繊細且つ精密に作製しております。電極の断面のみを露出しており、脳波等の生体計測を行うことを目的としております。捩って固定しているので近い距離での計測が可能となります。
    お困りのことがございましたら是非ご相談頂ければと存じます。お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    脳波記録電極
  • 電極類

    2022.03.02

    お問い合わせ番号:A040

    細胞への電気刺激に使用する電極

    カーボンファブリックPEDOT電極。心筋塊や骨格筋など細胞への電気刺激に使用する電極としては、白金(プラチナ)のワイヤー電極などが例に上げられます。電気伝導性や電気刺激の効率を上げる為には電極の面積と、電極の材質による電気容量が大きく関係し、プラチナよりもイリジウムオキサイドの方が優位・・・などは一般的な事と思います。今回は生体適合性が大変よく、電気容量もこれまでのものより優れただカーボンの電極、カーボンファブリックPEDOT電極を使用した刺激電極のご紹介です。カーボンファブリックPEDOT電極はAu(金)の450倍の電気容量を持つため、電気伝導性、効率もよく化学反応(泡)の発生や温度変化が起こりにくい優れたオーガニック電極です。形状としてはお客様がお持ちのアダプタやシャーレ、培地皿に固定する形で作成しております。ご希望の形状に沿った形状、実験環境や内容に沿ったご提案も可能です。細胞への電気刺激で課題がございましたらお気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    細胞刺激電極
  • 電極類

    2022.02.28

    お問い合わせ番号:A039

    スパイラル状のリード線付き、金属微小電極

    金属微小電極にリード線をスパイラル状(コイル状)に接続する事により、電極からアンプ装置、もしくはヘッドステージに接続するコネクタまでの長さをスマートに変更できるようにしております。また、コイル状にすることでリード線の絡まりなどを防ぎやすくなります。アイデア1つで様々な電極を作製出来ますので、お気軽にお問合せフォームよりご連絡下さい。

    リード付き金属微小電極